こんにちは。

リリです♪

 

閲覧ありがとうございます。

 

 

過去記事からの続きになります。

 

 

www.cutekittenlily.com

 

www.cutekittenlily.com

 

 

午前中の10時を過ぎた頃、代理店の保険屋さんから、電話がありました。

状況を確認したいので、家に来たいとの事。

正直、心身共に疲れていて、電話では済まいのかと聞くと、車の状態を確認したいとの事で、納得し、お待ちする事となりました。

 

 

保険屋は、二人で来ました。

何時もの担当の方と、若い方を連れて来ました。

証明、兼、教育でしょうか?

 

 

同じ様な事を聞かれ、同じ様な事を答える事に、疲れて来ました。

 

車の状態を確認し、写真を撮って行きました。

 

保険屋さんは、首を傾げるばかり。

『当たってませんよね?』

幸か不幸か、車はホコリで汚れており、汚れはそのままの状態でした。

 

保険屋さんも、納得いかない様で、相手の方と警察に会ってみると言って、その場を離れました。

 

とても、真摯に話をしてくださって、この時、はじめてホッと出来ました。

 

加害者と決めつけて話すとばかり思っていたのですが、長い間、一度も保険を使った事がない、ゴールド免許の人間が、そんなミスを犯すだろうかと疑問に思ったそうです。

 

少し救われました。

信じてくださって、ありがとうございます。

 

〜続く〜

 

 

応援者になっていただけませんか?
(ランキング・ブックマーク・読者登録等)
ていただける
          ↓↓↓


にほんブログ村

Follow @syara1006